痛み止めに迷う友達には私はいつもマクサルトを推す

偏頭痛の原因と症状

偏頭痛は頭の血管が膨張して痛みを生起します。
発生の原因には、幾つかの仮説が考えられます。具体的には、血管説と三叉神経血管説という原因があります。血管説は頭部の血管が膨張して頭痛が発生すると考えます。血小板から、血管を収縮させる作用を有するセロトニンが放出されるので、脳の血管が収縮します。
その後、時間が経過すると伴にセロトニンが分解されて減少します。そのことによって、一旦収縮した血管が膨張するために頭痛が生起します。三叉神経血管説は三叉神経(脳神経の中で最も大きく顔面周辺の感覚に関与する)が関わっているという説です。何らかの刺激によって三叉神経が刺激されます。この刺激により、神経の末端から血管を膨張させる働きを持つさまざまな神経伝達物質が分泌されます。
この働きで膨張した血管や、そのせいで発生した炎症が神経を刺激して頭痛を生起させます。
偏頭痛の症状は頭の片側か両側が脈打つように痛むことです。
生起する頻度は月に一二度か、週に一二度であり、痛み始めると寝込んでしまうとか、仕事が手につかなることになります。
多くの人の場合、日常生活に支障をきたします。吐き気や嘔吐を催すことが頻繁で、普段は反応しない光や音に対して過敏になるおともあります。痛みが収まると健常者と同様の生活や行動ができます。この頭痛そのものが生命にかかわることはありません。生活にストレスが続いた後に一段落したときに(休日等)にもこの頭痛が生起します。痛みは数時間程度で終わる場合も、3日間程度続く場合もあります。
この頭痛は、痛みを起こす直前に前兆を伴うものと、伴わないものに分類することができます。
最多の前兆は閃輝暗点と呼ばれる症状で、目の前で光がきらめく、視野の一部にギザギザが現れる、視界が欠ける、等があります。通常、50分から60分程度前兆が継続し、60分以内に激痛に襲われます。これら以外の前兆は、手足のしびれ、しゃべり難さ等がありますが、前兆を伴わない頭痛の事例が多く、同一人でも前兆が常に現れるわけではありません。
前兆を伴わない頭痛でも何となく頭痛が生起しそうだという漠然とした予感を感じる場合があります。具体的な状態とは、だるさ、気分の悪さ、イライラ、過剰な食欲、身体のむくみ、甘いものを摂取したくなる、眠気が生起して、その後に頭痛を起こします。こうした漠然とした全前兆は予兆と呼ばれて、通常の前兆と区別されます。