痛み止めに迷う友達には私はいつもマクサルトを推す

マクサルトの効き目

【どうしても我慢ができない】
たまに頭が痛くてどうにもならないときがあります。寝不足であったり、風邪による発熱だったりすることがありますが、たまに仕事や学校にも行かれなくなるほどのひどい頭痛がおきることがあります。この頭痛は片頭痛によるもので、痛みが脳に来るものです。このために心臓が動くとともにズキンズキンとした痛みが発生して、強烈な痛みとなって発生します。胃がムカムカする症状や、光や音に対して敏感になることがあるのです。
こうなると、普通に市販されている「鎮痛剤」が効かなくなります。続くようなら病院にかかることです。

【どのような薬が出ますか】
このように、片頭痛と診断されたときに、まず処方されるのが「マクサルト」という薬です。この薬は片頭痛による痛みを軽くする薬として多く使われます。
片頭痛は、脳の血管が広がっているためにおこることがあります。何らかの原因により刺激を受けると血管を広げる物質が出て、そのために炎症がおきるために、刺激が脳に伝わって行くために痛みが広がるのです。痛みをおさめるためには、血管を縮めるのが必要です。
ただ痛みをおさめるのではなく、痛みの原因を取り除く「効果」があります。

【病院には行きにくい】
どうしても頭が痛いのだけど、なかなか病院には行きにくくてと思っている方が多いかと思います。
普通の頭痛だと、「鎮痛剤」でも治りますが、これはあくまでも痛みを感じにくくさせることにあります。いつもとは違う頭痛が続く、どうしても仕事や学校には行けないといった日常生活に響く場合は、必ず病院に行き、きちんと診断を受けた方がよいです。原因が片頭痛であるとわかると、痛みが楽です。

【痛みがひどくても飲める】
もし、片頭痛の発作が出てしまったとしてもすぐに飲めるのが「マクサルト」の良いところで、これはいつもの片頭痛が出るサインと思ったときに飲んでも大丈夫です。もし、痛みが出てしまっても始まってから30分以内であればすぐに「効果」が出ます。生活スタイルによって、口の中ですぐに溶ける錠剤もありますので、外出先でどうしても発作が出てしまったというときにでも、すぐに飲むことができます。水が飲めない場所でも薬が飲めるので、処方するときに相談して、外出先でも飲めるタイプにするか、水で飲める薬にするか選ぶことも一つの知恵です。もう頭の痛みに悩まないで快適に過ごすことが一番です。